①エンジェルハイロウ(光を操るシンドローム)

能力値:圧倒的感覚優位、肉体と社会は0)

技能 :RC、射撃、知覚が得意、白兵もあるが苦手。

ドラマ:「知覚」的な情報収集にたけている。

特徴 :回避型、射撃型が非常に得意。高い感覚を生かして、RCや白兵も代用判定でそつなくこなすこともできる(一応)隠密行動も得意ではあるが、ダブクロのルールの都合上非常に使いづらい。しかし、隠密という響きに惹かれてか初心者がよくとっている印象。あえて言おう、決して初心者向けではない。上級者ならあえて止めないが・・・・

組み方:基本は射撃型で能力値目的でとることが多い。「光の衣」「リフレクトレーザー」「ライトポインター」などで、リアクションに制限を与えたり、「レーザーファン」、「スターダストレイン」などで範囲化したりと攻撃補助のエフェクトがかなり充実しており、テクニカルなアタッカーを構築するのにぴったり。また、ヘイトコントロールが非常に優秀で、回避も得意なため、盾の補助も優秀(ダブクロはシステムの都合上回避しづらいのでメイン盾は厳しいかも)。ピュアもシンプルに強いが、「RC」「射撃」型の様々なシンドロームと相性がいい。実はこぶ卓ではヒューマンリレーションは許可してることが多いが、「光の舞踏」で白兵型にも組み込めるかもしれない(願望)、肉体0だけど。

◎初心者への一言

キャンペーンでやるならピュアエンハイあるいは組みやすいし、何よりも成長しやすい。周りの様子やGMに合わせて、攻撃のパターンを調整できるので活躍できないことが少ない。もちろんクロスでも同様。初心者エンハイに重要な標語「隠密ダメ絶対」。ルール処理が面倒なうえ、非常に使いづらいので経験点の無駄になりがち。回避もヘイトコントロールや侵食値管理などちょっと考えること多いので、最初のうちは素直に射撃型、あるいはRC型を組むことをお勧めします。

 

②バロール(重力や時を操るシンドローム)

能力値:精神がややたかい、肉体は0

技能 :RC、射撃、白兵は一通りできる。器用貧乏。

ドラマ:精神が高いため、知識的な情報収集に長けている。

特徴 :デバフ攻撃最強説。その他、妨害、支援、盾、行動値操作が得意。ピュアアタッカーとしては組みづらいかも。強力な単発スキルが非常に多いが、コストも重く、組み合わせ方がやや玄人向けかも。でも、雰囲気的には厨二的でこぶGMの周りでは比較的人気シンドローム。ちなみにこぶGMもよく使ってます。カードゲームでロックとかパーミッションが好きな方はオルクスと並んで愛用シンドロームになるはずw

組み方:特徴的な組み方は攻撃が命中するとダメージの代わりに凶悪なデバフがつく組み方。「孤独の魔眼」「時の棺」で仲間のロイスを守る。そして、シンプルにガード型。その他、移動支援、妨害、デバフなどをつけたいときは使ってもいいかもしれない。逆に純粋火力を求めるならもっと他に選択があるはず。

◎初心者への一言

バロールは設定が素敵だよね。ピュアバロールは面白い組み方が出来ますが、達成値やら技能の相性やらセットアップスキルの使い方等で結構組むのに癖が強いので、初心者にはお勧めしません。また、ガード型も組み方と立ち回りに癖があり、最悪GMによってはまったく活躍できない(そこはお願いだから配慮してとも思うけど)ので初心者にはお勧めしません。では、何すればいいの?というと。「時の棺」をさす、「死神の瞳」を当てる(お好みでデバフ)、「孤独の魔眼」で範囲を単体に、「空間圧縮」を欲しい人に投げる(キャラ作成時に取ったよって伝えてあげるとなおベター)。この辺取っておけばほぼどのPTでもどのセッションでも腐らないし、かなり重宝されると思います。あとは支援型の良いところはベテランが憶えていてくれるので、これ使ってってアドバイス貰えることですね。