こぶ卓の傾向と対策

◎敵キャラはネームドが複数登場。なぜならデータの調整が単体ボスだと偏りがちなのと、敵の戦い方を見てPT構成とかお互いの連携の参考にしていただければと思うからです。なお、Eロイスもみんな積んでる場合が多いので、比較的バックトラックも多め。

◎攻撃には優先順位があります

①支援・回復・妨害(これによってPTの脅威度をまとめて下げられる)

②攻撃(これも凶悪デバフ→範囲→単体の順番でヘイトが向きます)

③盾役

例外

(1)近接攻撃しかしないエネミーは、同一エンゲージに敵がいる場合はそこから狙います。

(2)ロイスやストーリーの進行都合、ギミック、そこまでのRPで優先順位が変わることもあります。

 

上記を見てわかるように、基本盾役は殴りません。(HPが高くて、カウンターメインの戦い方見てわざわざそこ殴らないよね)

そういうわけで、ヘイトコントロールは盾役さんの最重要なお仕事です。

 

◎基本的にはメタエフェクトはほとんど組み込みません。それよりは圧倒的な火力、HPで粉砕します。

また、もし組み込むとしても、ネームド複数体のうち、1体とかなので全員に刺さらないことはありません。

ただし、シナリオギミックを崩せていない場合はこの限りではありません。

ですが、しっかり組んである状況で状態異常、デバフ、盾、範囲、ガード不可などがセッションを通して、腐ることはほぼありません。

ただし、味方を含む憎悪に限り、「状態復元」で最優先で解除行動をします。

 

◎ネームドエネミーが複数体いて、シナリオギミックも積んであることが多いので、1ラウンドで終わることはほとんどなく、早くて2ラウンド、最大4ラウンドくらいまで行く可能性があります(それ以上は侵食率がやばい)

そのため、盾役などでロイスを管理していかないと、普通にロスト数名出てくると思います。

 

◎基本はある程度合理的に組まれた攻撃、支援、盾がいる前提で敵PTデータを組んでいます。

ヘイトコントロールは重要です。